森美香代ダンス公演 ASiTA
アシタノワタシヘ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ご覧になった方々のご感想~part5~

 5.6年ぶりに彼女のダンスを観る。気負いもなく、一段とそぎ落とされた自然体で踊る彼女がいた。

 劇場という空間の空気感だけでなく、日常的にある風や空気が肉体に触れて行く感じを愛おしんでいる、或は身の回りの空気を動かす人の動きやものの気配に敏感に反応するのではなく、それもよしとする寛容するこころを感じた。

 24年も前に一緒に仕事をするようになった時は、バレエでプリマをずっと経験してきて、華を周囲に振りまくオーラを持った彼女だったけれど、そのオーラもずっと沈静し品格ある踊りをを作り上げていた。

 作品によっては、もう少しそぎ落とした方がいいのかもしれない。

 文章もそうなんだろうけれど、あれもこれも書きたくなるんですが、削り込むことの難しさを考えます。
http://www.something-else.jp/(良知良彦)
スポンサーサイト
【2008/04/22 22:42】 | ご感想 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ご覧になった方々のご感想~part4~
アンケートより

遅くなりましたが…。
ひさしぶりに美香代さんの踊りをたっぷり見ることができて、堪能しました。
公演までの日々、ブログを読んでいるととても苦しそうでしたね。
以前に、「美香代さんは踊りを楽々創れていいですね」とよく他人から言われると
憤慨されていたことを覚えていますが、これほどまでとも思っていませんでした。ちょっと心配になったほどです。
また、言葉を用いない表現は、私にとっては未知の領域ですので、その過程はとても興味深いものでした。
さて、舞台ですが、いつも期待を裏切られることがないという意味では、今回も安心してどっぷりと美香代ワールドに浸ることができました。
どうしてあんなに美しいのでしょうね。いつも見ていて、他の人の踊りと何が違うのかという疑問が浮かびますが、答えは見つからないままです。
そして見ているうちに、なにか言葉の及ばない、もっと深い部分が揺り動かされて涙がこみ上げてきました。
ASITAの副題、あしたの花は、娘さんの名前であることに思い当たり、第2部では胎内のイメージであったり、母性を感じながら見ていました。
美香代さんには今後もずっとずっと舞台活動をつづけてほしいです。
また、公演にはかけつけますので。すてきな舞台をありがとうございました。
(chiyuki)


http://blog.goo.ne.jp/ponyasu007/e/378c8a71ade99802eefe54fa908a250a
(広瀬泰弘)
【2008/04/22 00:28】 | ご感想 | トラックバック(1) | コメント(0) |
ご覧になった方々のご感想~part3~
アンケートより

アンケート03

人の体って美しいものだな、と思いました。つま先の先の先まで、指先の先の先まで何かを感じました。ただの白い布が表情があるかのように見えたり、わずかな照明の中に立つ人が一番後ろでまるで巨大なオブジェのように見えたり、幻想をかもし出しながらも人間の生きるエネルギーを与えていただきました(匿名)

わざわざ案内を送っていただきどうもありがとうございました。とても美しいダンスでした。見ていて元気がでてくる、そんな舞台でした(広瀬泰弘)

一部はとても楽しめました。二部はとても“ひたむきさ”を感じる作品でした。衣装もステキでした。おどる娘をみつめる、お母様のひたむきなお姿にもたいへん感動いたしました。(匿名)

初めて、プロのダンスを見ました。何も言葉がないのに大迫力で、こんなにも体で表現できるものかと思いました。たくさん心を動かされました。どうもありがとうございました。(匿名)

言葉のない舞台の中で多くのことを感じることができました。1つ1つのコトを1つ1つ大切に1つ1つ考えて、1つ1つ大事に、1つ1つ思いをこめてなど、1つ1つを一生懸命に感じました。
人ってこんなにも優雅にはなやかに表現できるというのを初めて知りました。私も1つ1つのことをもっと大切にできるようになりたいです。(匿名)

オープニングの演出より期待はうらぎられなかった。音との融合のなか、空間もを支配しつつ、全てを受け入れ包み込む彼女のスタイル。ただ自身においては皮脂の一枚もの妥協も許さないきびしさが、肩より腕の筋力にあらわれ、爪の一片までも血脈を感じさせた。(西田ひろこ)

モダンダンスは初めてみました。身体がこんなにも動かせるものかとビックリ感心しました!美しく力強さに圧倒されました!ありがとうございました!(匿名)

実はモダンダンスを観るのははじめてだったのですが人間の身体ってキレイに動くんですね!足の指の先まで動くことがびっくりしました。キレイな時間をありがとうございました!すばらしかった またメールしますね(津田郁子)

ASITA…明日…自分だけの明日ではなくファミリーを感じました。なんか見ていてドキドキして鳥ハダがたちました。うまく言えませんがとても大きいです(古谷恭子)

何だかとても心温まる公演でした。美香代先生の中身を見たような感じです(笑)でも本当…
私は本当に久しぶりに先生の踊りをみたので、何だか、とても力強い踊りになったような… 私も明日からまたがんばります。私もきれいな花を咲かせるように… ありがとうございました。(匿名)

すごくミカヨワールドでよかったです。又、見にくるね ブレナイ!あワテナイ!オチツキが勉強になりました。(藤林千恵子)

動きが距離だったり、速度だったり、それが空間そのものの広がりになったりと、存在の様態、ありようを変えていくのが、なんだかとても不思議でした。変幻というのでしょうか。それともまた違うな…。
照明、すごかったですね。靴のところ、ため息つきました。(上念省三)

昨日、公演を鑑賞させていただきました。
ストレートに感情みたいな、見えないものが伝わってきました。
しがらみのない踊りには
年齢、性別、容姿を超えたものがありました。
食べ物に例えると、深いコクのようなイメージ・・・
心に響く舞台をありがとうございました。
※茨木さんの誘いで鑑賞させていただきましたが
 まさか昨年末の舞台でチャリンコに乗ってた方だとは!
 ポスターではお顔が拝見できなかったのでびっくりしました。
(中谷奈津子)

今回の公演お疲れさまでした。
前半の部分は律子先生の振付ということで、美香代さん単独の作品とは少し色合いが違っていたけど、見ていて何となく20代の頃に塙カナメさんの演出で踊っていた頃をちょっと思い出したりしました。
後半のソロ。「ASiTA」の方はかなり良かったです。
以前の作品より何というか動の部分のエネルギーが一層高まったというか、踊りのレンジが広がったというか、とにかく大きくなったように感じました。
そう、踊っている森美香代とは別のもう一人の森美香代がすぐ側にいて、そのもうひとりの意志も合わさって現実の森美香代と共に踊っている。みたいな・・・。
(上手く表現できないけど、何となく書いてる意味分かります?)
やはり、結婚や特に出産を経験されて、人間としての器が大きくなったのかな?
その辺は今だ独り身の私には実感できぬことでありまして。。。(^_^;)
そう、東京の方では高谷さんも頑張って活躍しておられますし、
美香代さんや安川のような素晴らしい表現者が身近にいるということは、
音楽の作り手としての自分にとっても本当に励みになります。
もし時間があれば久しぶりにお会いしてお話しなんかもしてみたいですね。
それでは、またの公演の機会を楽しみに。
(村上浩司)
【2008/04/18 00:44】 | ご感想 | トラックバック(0) | コメント(1) |
ご覧になった方々のご感想~part2~
アンケートより

ソロや少人数の作品になると体の細かいところまで見られると思います。しかしさすがはみなさん。体の安定感と動き一つ一つの経路がとてもキレイで、おちついて見ることができました。そしてみなさんの腹筋!美体でした。森さんのASITAの作品めちゃくちゃよかったです。もう最高でした。(井戸陽平)

こんな魂を込めて舞台を見たことはありませんでした。すごい緊張と陶酔の時間でした。ありがとうございました。(匿名)

異世界でした! あんなに無音を操るというか、お客さんと共有してる空間は初めてでした。素敵でした!これからも舞い続けてください!!ありがとうございました。(樋口未芳子)

人の筋肉の動きがとても美しくてエネルギーが感じられてすてきでした。情景Iが一番好きでした。これからもご活躍を期待しております。(徳山留美子・春香)

久しぶりにAI HALLに来て入った時はこんなに大きかったっけ?って思ったけど踊りを見ていたらぜんぜん大きくないスペースでした。空間が多いけれどその間がとても良かった。(松田真理子)

よかったです。すいません、何回かねました。でも目を覚ますと前のシーンとコマ切れな感じがよかったです。こんな感想で失礼ですね。すいません。(一色美保子)

みかよさんのすきな所は、うでが背中から生えている所です。その特性をひたかくしにかくした1曲目。(私には鳥にみえました。)丸い背中、丸いパところが、力みもなければ舞踏っぽくもないし、複雑さがかっこいい。すごくインパクトがありました。音楽、照明、衣装、いずれもとてもレベル高~ってかんじで特に衣装、踊りを強烈にしてました。そのイメージと180°違った作品から入って、3曲目の3人の作品、対照的、みかよさんの背中から首の正しいわん曲が美しい!!2曲目でソロを踊った方、時々チャコットでおみかけする方ですよね。いるだけで目立つ人。私の印象は“傷つかない”感じの人。で、クールさとか強さとかケド…持ち味のやわらかさを際立たせるかくし味として。もう1人の方は、みかよさんの踊りを体得しようという、懸命さがけな気でシタ。力を脱くってむずかしい。
音のない所で踊るって、どんなかんじですか?私はみてるのちょっと苦手なんですけど、音楽のない所で踊る場所は街の雑踏とか自然の風やざわめきの中ではないか?とよく音なしの舞台の踊りをみていて考えてしまいます…回りの息づかいが気になったり、自分が音を立ててはいけないきんちょーが走ってしまう。でも今回はそうなりかけた時、みかよさんの息づかいがきこえてきて、そこに入っていけたらと思ったら効果音つき音楽がはまっていて、横向きランニングから手のパフォーマンスとても良く集中しているうち、こちらに、客としていちばん味わいたいきんちょー感走り、そのうでが体と一致していく中で私はノリノリでいっしょに踊ってました。
私は腕と体が混ざらないクラシックバレエや日舞と違う、手足のつながりが踊りの(踊ってるってかんじの)根幹なんですけど、その際たる踊りがみかよさんの踊りで、それは、25年前のかみの長かった烈しいみかよさんの頃から同じ印象です。またみせて下さい。とても楽しい時間でした。ありがとうございました!(黒川さくら)

とってもすばらしかったです。今度会った時にまたお話ししますね!(木下志保)

すてきな体の動きにずっとひきつけられどおしでした。久しぶりに満足しました。ありがとうございます。又お知らせ下さい。(細田椙子)

久し振りでお元気な姿拝見できて嬉しいひとときでした。自分も作ることいまいちど頑張っていこうと思えました。(村田肇一)

前より少し骨太になったけれどエネルギーというかある一線をこえたと確信しました。つづけて下さい(室山稔子)

とまる事なく、ずっと水のように流れる体の動きに目をひかれました。ゆっくりの時でも、早くなっても、流れるよう…そして細かい指先まで意識しているのを感じ、とてもキレイでした。神→魂…観ることにより、イメージがわくことが出来ました。ただ踊るだけでなく、全身全霊で、すべてになりきり、舞うことで、すごいエネルキーを感じるコトが出来るのだと、いうことを実感しました。(川津一紗)

森先生の公演は毎回新しい振付、そして素晴らしい衣装。いつもいつも新鮮に感じさせて戴け感動しております。公演スタートのシーン、三人でのシーン、そして音楽がビョーク等、取り入れられ素晴らしかった。私は茨木万由里さんの知人で毎回先生と御一緒に踊られる毎に成長なさって嬉しく、将来も楽しみに致しております。私は彼女の大きなのびやかな踊りを気に入っております。尚一層野の御活躍をお祈り申し上げます。(フーちゃん)

うつくしかった(匿名)

ありがとうございました(小暮宣雄)
http://kogure.exblog.jp/7003642/

手足、体の動きが音をかなでている。表現しているだけでなく、首すじ、背中のけんこうこつ、手足の筋肉、指先まで踊っている、表現している、歌っている~まさに森美香代ワールドに酔いしれた。(青木明美)
【2008/04/17 01:11】 | ご感想 | トラックバック(0) | コメント(1) |
ご覧になった方々のご感想~part1~
アンケートより

おめでとうございます
9年ぶりですか…素晴らしいことでございます
演るのもそれを見るのも生きてこそ、
ますます頑張ってくださいませ(村上淳或)

青くたなびく神々のヒミツ。生まれ来る花園
黄金(きん)に輝くロハスないのち 満たされるやわらかな腕(カイナ)
ひらく鵜では重なり、つながり、力強く
黄金の命は 戦う 明日へ(山本 泉)

美しかったです。(匿名)

みかよ先生。美しくて強くて弱くて動物的で人間的でとても不思議なパワーをもらえました。またレッスン行きま~す。私もがんばりま~す!(藤代純子)

初めてダンス公演見させていただきました。
美しすぎて圧倒されて涙が出ました。
お疲れさまでした。(匿名)

息の音も出せない静けさの中で、緊張しながら観る時もありました。
まるでピカソの様に超越した作品のように思えます。(曽山恵子)

長いトキのチクセキは素敵な気持ちと空気と共にジーンと心を打ちますね。
久々にじんわりと幸せな満たされた気持ちになりました。
踊っていて、また踊りを見れて、また踊りが好きでよかったと心から思いました。気持ちを豊かにしてくれてありがとうございました!!(阿比留修一/セレノグラフィカ)

ご案内ありがとうございました。
ご自身の世界をあますところなく存分に展開しておられることがよく伝わってきます。様々な表情をもった、ストレスの全くない、気持ちのよい踊りでした。(竹田真理)

美香代さん
お疲れさまでした。
すてきな初日おめでとうございます。
書きたいことが千も万もあり、それでもたったひとつのことばすら書けないような静かな稲妻です。見せて下さってありがとうございました。
明日もこれからもたくさんの人を魅了してください。(隅地茉歩)

美香代さんの自我の無いカラダの美しさに、ただただすいこまれるような感じがしました。
鳥なのか風なのか、光を受けているのか光を放っているのか、ふしぎな時間でした。ありがとうございました。(花沙)

森さんは本当にいつ見てもためいきが出る程お美しくて、かと言って妙に女ギラギラでもなく、なのにちゃんと性も感じるし、貴重な存在だと思います。ダンス界の宝ジェンヌの様に色んな面が垣間みえて色んな世界に行けました。ありがとうございます。(中田あかね)

音のない踊りは初めて見ました。
次第に踊り手の身体の動きや息遣いなどまで伝わってきて、魅き付けられました。
考えてみれば、音のない踊りこそ自然な踊りの形なのかもしれませんね。(匿名)

美しい絵を見ているようでした。
世界観に感動しました。肉体の美しさに驚かされました。ありがとうございました。今後もご活躍楽しみにしています。(匿名)

古典バレエとちがって自由で音楽と照明とにとけあって美しかったです。
お疲れ様でした。明日も頑張って下さい。(新屋滋文)

難しかったけど、大変興味深く、アッという間だった。個人的に「過去からの旅人」が好きです。
踊ってみたい…と思いました。
美香代先生の最後の踊りは自分なりに色々と想像して楽しめました…すごかったです。(匿名)

1つめ.布とのからみがおもしろかったので、もう少し見たかったかな。布とからむカラダ。
ソロ.あーホントに、優しい人なんだ美香代さんって…ひたすら上品なんだなぁ…と あらためて思いました… かんたんですが…(藤原理恵子)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


素敵でした。とても“大人”な舞台で魅了されました。美香代さんの、同じ身体とは思えない繊細な全身の動きに圧巻でした。
二部の最初、暗転からの美香代さんの身体は、宙に浮いているかのような錯角をおこし、何度も
足元を見ました。不思議な美しさがありました。
プログラムも非常に美しくおどろきました。すばらしかったです。(谷上好美)


おつかれさまでした。よるはどうでしたか? IntermissionあとのBody,Space,Mind,Spiritが今Mikayoがむかってdirectionだと思うのでHappyに見れました。Thank-you.心からmovementがつたわってくるはんめんchoreography,spaceのへんか,musicとのsyncopation,beautiful,exotic & unique body foom などがかんじることが出きました。これからもMikayo's Dance Worldをたいせつにいつまでも舞いつづけてね。Congratulations! & Thank-you! Love HEIDI(ハイディーS.ダーニング)

3名の踊りは、衣装と照明も良くバランスがとれて、すばらしい「調和」を魅せたと思います。
ソロ、感動しました。(サイトウマコト)

とても良かったです 世界観がかんじられました(匿名)

美香代さんのダンスを観させてもらうのは、3年振りでしょうか…変わらぬパワーと魅力的な踊りは、さすがです。
他の二人のダンサーの方達も素敵で、三人のコラボレーションはひと時 別世界に浸らせてもらいました。これからも、さらなるダンスを-楽しみにしております。(匿名)


いつもステキな舞台、ありがとございます。
どんなにパワフルに動いて空間に守られている?許されている?うまく表現できないのが残念です。ステキな舞台でした。(匿名)


とても、おどりが、きれいでした。私も、バレエ、習っています。がんばって下さい。(室谷亜衣子)

衝動的な始まり。そして溢れる生命力感じて感動しました。(匿名)

すばらしかったです
体力が大変
体をお大切に(匿名)

※お書きいただいた感想の変更や削除のご希望があればお知らせください


【2008/04/16 01:03】 | ご感想 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| HOME | 次ページ
プロフィール

Author:morimicayo
森美香代ダンス公演 ASiTA

morimicayo

2008年4月12日(土) PM 6:00
13日(日) PM 1:00/4:30
伊丹アイホール
前売:3000円
当日:3500円

チケットのお問合せはこちら↓ micayo@u01.gate01.com

西野バレエ団にて6歳より踊り始める。 退団後渡米。様々なモダンダンスに出会い、その後、マークハイム率いる、リスボンダンスカンパニーのダンサーとして、スペイン、ポルトガル各地で公演。 95年よりソロ活動開始。関西を拠点に活躍。 場と人と空間の調和を大切に、観る人の記憶の底に触れる作品づくりを目指す。 舞台活動を行う傍ら、従来のダンステクニックにとらわれない自由な発想で、身体の声に耳をすまし「自由に気持ちよく」踊れるための心と身体磨きのワークショップとダンスクラスも展開中。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。