森美香代ダンス公演 ASiTA
アシタノワタシヘ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
呼吸
呼吸ひとつで 世界が変わる

身体の世界が変わる

瞼にうつる世界が変わる

皮膚で感じる世界が変わる

その人のまわりの空気が変わる


今の私の踊りには

どんな呼吸が必要なんだろう…


アシタのために 深呼吸…
スポンサーサイト
【2008/02/29 00:08】 | アシタノワタシヘ | トラックバック(0) | コメント(0) |
今日の一曲
今日 私に寄り添ってくれた一曲
Mono FontanaのPersistente cancion de memoria

ピアノの音に メトロノームとシャッター音がはいった ちょっとシャープな美しい曲

一ヶ月ほど前 いいなと思って踊ってみたけど
なんだか 動きと気持ちがちぐはぐになってしまって…あきらめて 眠らせていた

今日 
ずっと悩み続けていた一連の動きに やっと納得する温度がうまれた時

ふっと あの曲が浮かんだ

何度も踊ってみる

そのあとの展開も変わってくる

一つ発見があると

一つ問題点がうまれる

あしたも変化を楽しもう!




【2008/02/26 01:35】 | アシタノワタシヘ | トラックバック(0) | コメント(0) |
曲探し
今日 amazonから CDが届いた

今回は四枚…

ソロの作品のなかで使う曲を探してる…

以前使った曲、今回新たに探した曲もふくめ、ほぼ決まってきたけど

なんか もっとピッタリなのがあるかもしれないと、欲がでてしまう

動きも気持ちも 日々変わる

それによって 微妙に寄り添う曲も変わってくる

今やっている動きを 頭の中で想像しながら CDを聴く

今回は…ダメでした

でも、ARVO PARTの[ALINA] 美しかった…

やはり このての曲は好みです

踊るにはセンチメンタルすぎるけど

聴いてるといろんな情景がうかんできて

哀しいような 嬉しいような 不思議な気持ちになります

あしたは どんな曲が 私に寄り添ってくれるだろう…


【2008/02/25 00:15】 | アシタノワタシヘ | トラックバック(0) | コメント(0) |
森美香代 ダンス公演
森美香代 ダンス公演 ASITA

AIHALL アイホール

2008年4月12日(土)pm6:00
13日(日)pm:100 pm:4:30
(各公演開場は30分前、1時間前から整理券発行)

前売り 3000円  当日 3500円
 
チケット予約、お問い合わせ(なるべくEメールをご利用ください)
E-mail micayo@u01.gate01.com
TEL 06-6442-3860(有限会社フロッグ)


ダンス/森美香代  茨木万由里 藤田佐知江

舞台監督/難波麻春  照明/三浦あさ子  音響/黒田治  舞台/CQ

制作協力/青木恵子 スタジオダンスタンツ Frog Applid Art Institute


      カラダの中に…
      もう一つの花がさく

      記憶の水に身をゆだね
      Fall Danceに迷いこむ

      なつかしい母のララバイ
      大切な時のカケラ

      深呼吸して
      あしたへの一歩 踏みしめてみる

      あしたが来るということ

      生きているということ…
【2008/02/24 01:20】 | ASiTA 公演情報 | トラックバック(0) | コメント(0) |
その日の答え
リハーサルでは

その日の答えをみつける

なんとしてでもみつける

次のリハーサルでは もうその答えは正解ではなくなってるだろう

でも とにかくその日の答えをみつけて

心をこめて踊ってみる

踊ってみて 

ひっかかったところ 違和感のあったところの答えを また考える

なにが正解なのかは 本番までわからない

でも 考えつづけないと

その答えは わからない

今日も 前回つけた動きから違う答えが導きだされた

その過程が おもしろい

あしたは どんな答えが待ってるんだろう…
【2008/02/24 00:45】 | アシタノワタシヘ | トラックバック(0) | コメント(0) |
DM制作
毎日コツコツ DM制作

一人一人の名前を書きながら 顔を思いうかべ

この人は 見にきてくれるだろうか…

来てくれたらいいのにな…

でも 同時に

この人が喜んでくれる踊りが はたしてできるんだろうか…

と、期待と不安で 胸がドキドキしてくる

DM制作は 私にとって 公演への覚悟を再確認できる大切な時間

来ていただけますように…と祈りつつ

あしたは 何人の人の顔を思い浮かべるんだろう…


【2008/02/19 22:55】 | アシタノワタシヘ | トラックバック(0) | コメント(0) |
新鮮さ
振りが身体に馴染むことで 安心感がうまれ
動きに新鮮さがなくなることがある

自分自身でも…
他人からみても…

動きがうまれた瞬間の いい緊張感と勢い  

その感覚を保つことは難しい

熟成しながら 新鮮さを保つ…

ただ 繰り返して練習するのではなく
毎日毎日 なにかしら手を加えながら

毎日毎日 新しい気持ちで味わえるように 工夫すること

あしたは何を加えよう…
【2008/02/19 00:13】 | アシタノワタシヘ | トラックバック(0) | コメント(0) |
身体の記憶
今回の公演で 昨年末につくった作品
「Vision from the Easturn」も少しバージョンアップして踊ることにした。

過去からの旅人が 異国の風のなかで踊っているようなイメージ。

最初の作業として、以前の振りをビデオからおこす。

見ていると 流れはわかるのに、
何だかピンとこず、他人事のような感覚に陥り
振りが明確に思い出せない。

あんなに身体に馴染んでいた動きなのに…

作品は、一度本番を終えると
衣服を脱ぐように身体から離れてしまうのだろうか…

しかし、現場で三人集まって
身体を使って作業すること一時間余り…

三人の間でおこる風、空間の大きさ、音楽と振りとの微妙な関係、その時見えていたイメージ…etcが蘇ってきた

身体の記憶はすごい

身体は 
聞こえるもの、見えるもの
匂いもすべて吸収してる。

以前 アレクサンダーテクニックの先生に
「あなたの頭で理解する必要はない、今 あなたの身体が理解しようとしているのです」と言われたことを思い出す。

身体の記憶を信じよう

新しい記憶を重ねて
以前とはまた違う作品にしたい

あしたも一歩進めますように…


【2008/02/16 01:24】 | アシタノワタシヘ | トラックバック(0) | コメント(0) |
手の表情
ようやく チラシのデザインが仕上がった

シンプルなポーズだけれど

身体のカーブの角度
身体を曲げる深さ

そして
手の表情で 驚くほど印象が変わる

何かを抱えていたいのか

花に語りかけたいのか

迷って 迷って 
結局、身体の中から指先に何かが流れていくようなイメージの写真を選んだ

その流れは
指先を伝って どこへ行くのか…

何に向かって 流れていくのか…

少しでも 心のなかに波紋をおこし 
何かの発見やきっかけになれば……いいな

あしたも なにか みつけたい
【2008/02/13 00:02】 | アシタノワタシヘ | トラックバック(0) | コメント(0) |
時のカケラ
[時のカケラ]
~初演 2007.10.21 ロクソドンタ~

この作品をつくり始めた頃、
今回の公演の事を意識していたせいもあると思うのですが、
今までに踊った色んなソロダンスの断片が蘇ってきました。

今まで過ごしてきた全ての時間が
今の自分をつくっている…

あたりまえの事だけど
あらためてその事に感謝すると同時に
今 私のまわりにある景色、出来事、人々…
あたりまえの様にある 空気のような そんな存在が
全て 愛おしいと思いました。

具体的なストーリーはなく
一回一回踊るたびに
見えるものも変わり

いろんな事があっても前に進んで行きたいと
強く思えた作品でした。

    つかまえておきたい時間がある
    忘れてしまいたい時間がある
    取り戻したい時間がある

    優しい記憶のカケラ
    悲しい記憶のカケラ

    時はいろんなものに形をかえて 私に降り注ぐ

    抱えきれないほどの時の重さ…
    つかんでは消えていく記憶の断片…

    全て 私の大切なもの
【2008/02/08 01:47】 | 時のカケラ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ララバイ
[ララバイ]
~初演 2005.10 ロクソドンタ~

珍しく真っ赤な衣装で踊りました。

前半のシーンのイメージは、
 大地に根をはりしっかりと立つ木、
 降り注ぐ光、
 ゆっくりと果てしなくのびていく植物、
 なつかしい手のぬくもり…。

後半のシーンでは、
娘が初めて履いた赤いレインシューズを手に履いて踊りました。

私自身とまわりの大切な人たちが、
それぞれの道を一歩一歩 幸せに歩んで行けることを願って踊りました。

プライベートでは、だんだんと自立していく娘を見つめながら、
少しずつ自分から離れていくような、嬉しさと寂しさを感じている頃でした。


レインシューズを手に履いて踊るという、体勢的にはたいへんな動きでしたが、
大地のエネルギーを全身で受け取ることができた大好きな作品です。

【2008/02/08 01:42】 | ララバイ | トラックバック(0) | コメント(0) |
Fall Dance
[Fall Dance]
~初演 2004.9.25 一心寺シアター~

自分の身体が 少しずつ枯れていくような、
それでいて また新たに何かが生まれてくるような、

そんな感覚のなかでつくった作品です。

衰えを感じる分、自分の肉体に愛しさが湧き、
育児で自分の時間が削られる分、踊ることに対する意欲が増していく。

…そんな感じもありました。

いつの間にか身体の中に積み重なってきたものを、大切に踊りました。
動くことより 静寂を味わった舞台だったように思います。
【2008/02/08 01:17】 | Fall Dance | トラックバック(0) | コメント(0) |
記憶の水
[記憶の水]
~初演 2003.1.15 dBシアター~

前半は 娘の声を素材としてつくった曲や水音での ゆっくりとした流れのダンスになりました。
ちょうど娘が言葉になる前の不思議な言葉を話してた時期で、なんとかこれを作品という形で残したい、記憶にとどめておきたいと、根気よく録音。
その声を素材に、音響の黒田さんが素敵な曲をつくってくれました。

その曲で踊っていると、
自分自身が過去に戻っていくような、
自分の過去を覗いているような、
母のもとに還っていくような感覚を覚えました。

後半は空間と戦うような、少し激しいダンスになりました。
娘の第一反抗期の頃で、普段の心のぶつかり合いや、どうしようもない悶々とした気持ちが出たのかもしれません。

母として人間として強く生きねば…
と思いながら踊った作品です。
【2008/02/08 01:04】 | 記憶の水 | トラックバック(0) | コメント(0) |
もうひとつの花
[もうひとつの花]
~初演 2002.6.15 伊丹アイホール~

娘の誕生後 初めてつくったソロ作品。
 「抱える」
 「抱擁する」
 「繋がる」
というキーワードでつくり、
砂遊びからのイメージを膨らませてつくったシーンもありました。

私から生まれた分身…もうひとつの花。

“深い蓄積から萌え出た動きは、
 一つ一つが世界と存在をいつくしむような
 柔らかな美しさに満ちていた”

という批評もいただき、

「そこに在る」ことの幸せをかみしめた舞台でした。
【2008/02/08 00:33】 | もうひとつの花 | トラックバック(0) | コメント(0) |
思い出すという事
思い出すという事…

なぞっていくのではなく

今の心とカラダを通して

頭で覚えてる動きをやってみる

リズムも間も、動きながら湧き出るイメージも

とまっていたい時間も、動きたい時間も

以前の自分とは 違う自分に会える

あしたは どんな自分に会えるかな
【2008/02/05 00:19】 | アシタノワタシヘ | トラックバック(0) | コメント(0) |
チラシ作り開始
チラシ作り開始
あした…あした…ASITA…
まずは構図から


ふわっと包み込むようなシルエット

花をどうするか…

あした また 考えよう

photo01.jpg
【2008/02/03 22:06】 | アシタノワタシヘ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| HOME |
プロフィール

Author:morimicayo
森美香代ダンス公演 ASiTA

morimicayo

2008年4月12日(土) PM 6:00
13日(日) PM 1:00/4:30
伊丹アイホール
前売:3000円
当日:3500円

チケットのお問合せはこちら↓ micayo@u01.gate01.com

西野バレエ団にて6歳より踊り始める。 退団後渡米。様々なモダンダンスに出会い、その後、マークハイム率いる、リスボンダンスカンパニーのダンサーとして、スペイン、ポルトガル各地で公演。 95年よりソロ活動開始。関西を拠点に活躍。 場と人と空間の調和を大切に、観る人の記憶の底に触れる作品づくりを目指す。 舞台活動を行う傍ら、従来のダンステクニックにとらわれない自由な発想で、身体の声に耳をすまし「自由に気持ちよく」踊れるための心と身体磨きのワークショップとダンスクラスも展開中。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。